システムエンジニアへの転職方法教えます。求人の探し方~面接、働き方とは?

はじめましてITエンジニア歴20年のカケルと申します。
ここでは、システムエンジニア転職の方法から求人の探し方、面接で受かるポイントなど詳しく解説します。

と言いますのもシステムエンジニアは一般職から比べると特殊な働き方で違和感を覚える人も少なくありません。
そういったギャップなども埋めて頂けたらと思います。
特に異業種からの転職者、苦しくもフリーターに甘んじている方がシステムエンジニアに憧れて転職を目指す方には有益な情報になるかと思います。

システムエンジニアに転職したいけど、いったいどんな仕事なの?

ITエンジニアを多きく分けると以下になります。

・ITコンサルタント
・プロジェクトマネージャー(PM)
・システムエンジニア(SE)
・プログラマ(PG)

上記は担当する職位によって異なります。
システムエンジニアとは一言で言えば、「事業会社のシステム開発」や「IT関連会社でのアプリケーション開発」または運用、保守まで多岐にわたります。
幅が広い分、あなたが何をしたいのか明確に決めていくことが重要になります。

とは言え、システムエンジニアにはプロジェクトの「需要」が大きく関連してきます。
この点が通常の一般業界での働き方と違ってくる部分になりますので意識してほしいです。
働き方を一言でいえば、システムエンジニアと一般職の違いはいかになります。

・システムエンジニア ➡ プロジェクト専門の請負人
・一般職 ➡ 定例業務に従事

【簡単に解説】
仕事には「プロジェクト」と呼ばれる有機期限の働き方と「定例業務」と呼ばれる期限に定めのない働き方があります。
プロジェクトというのは目的達成のためにプロジェクトチームが立ちあげられ、目的が達成すればプロジェクトが終了となりチームが解散となります。
分かりやすく言えば、システムエンジニアは一つの仕事を定年まで続けるという働き方ではないということです。

システムエンジニアに転職するにはどうすれば良いの?

何故、あなたはシステムエンジニアを志望するのですか?
この問いに明確に応えられるのであれば是非、そのまま突っ走ってほしいものです。

また、どうすればシステムエンジニアに転職できるのだろうか?この疑問や不安なども多くありますね。
まず、システムエンジニアに転職する場合は「年齢は早い方が良い」というのが第一にあります。
もしくは、異業種でもパソコンを使った仕事をしていたり、ビジネスや業務に精通している人などはシステムエンジニアとしても転職はしやすいと考えます。

体験上、システムエンジニアに転職するにはタイミングが非常に重要であったりします。
このタイミングを語り始めればキリがないですが例をあげるなら以下になります。
※職業差別などを行うつもりはありません。あくまで経験上、想定されるケースをあげてみました。
しかし、チャンスは皆、平等にあります。諦めずにシステムエンジニアを志望してみてください。
そのための情報を掲載していきますので。

●ケース1・・・システムエンジニアに転職可能なケース
現在20代前半でフリーター。
生まれながらにITの恩恵を受けているためパソコンに抵抗はない。
今後を考え、パソコンを生かした仕事をしたい。
(真剣にシステムエンジニアになりたいのが前提)

●ケース2・・・システムエンジニアには難しいケース
現在30代後半。
サービス業で接客をバリバリこなすも、手に職をつけたいとシステムエンジニアを志願。
パソコンはそれほど得意ではない。

如何でしょうか?
ずばり、上記の2例では「タイミング」が需要になります。
また、冒頭で記載しましたように「年齢が若い方が有利」なのはやはり間違いはないです。
もし、システムエンジニアへの転職を希望されるのであれば是非、早めのご決断をおすすめします。

システムエンジニアに転職したい理由、志望動機を確認しよう

一般世間にシステムエンジニアを目指す人の志望動機は以下のようなものが多いですね。

・IT業界がカッコよく見える。
・エンジニアって響きがかっこいい。
・手に職をつけて安心した人生を送りたい。

当然、志望するわけですからメリットが多いものです。
しかし、一方でシステムエンジニアにはデメリットも多く存在します。これも一般の認識では以下ではないでしょうか。

・労働時間が長い(残業が多い)
・パソコンオタクの巣窟
・いまいち何をしているのか分からない
・寿命が短そう(35歳引退説)

ここで、このテーマをあげるのはシステムエンジニアという仕事は「やりがい」がある一方でハードワークなのは事実だからです。また、カッコよいだけを基準にするといざ、仕事を始めた時にギャップを感じる場合もすくなくないのが現状だったりします。

そのため、システムエンジニアの働き方を良く理解した上で志望することも大事だったりします。
とは、いえ実際に経験してみないと自分自身に合うのかどうかわからないので何とか門を叩くべく準備を進めて頂けたらと思います。

システムエンジニアの働き方を理解しよう

システムエンジニアはプロジェクト専門であることを上述しました。
一方で、運用、保守といった既に完成されたシステムのメンテナンス担当になると定常業務になりますが、ここで覚えてほしいのは以下です。

・システムエンジニアは「現場」が変わる。
・システムエンジニアは会社に自分の席がない。
・システムエンジニアは「派遣」もしくは「請負」がほとんど。

上記3項目について少しでも想像できますでしょうか?
実際のところシステムエンジニアとして働き始めてから不思議な業種だと思い転職を後悔する人も少なくありません。
そのため、業界特有のシステムエンジニアの働き方を事前に知っておくことで後のギャップに対応できたりします。

システムエンジニアの働き方で「現場」が変わるってどういう意味?

まず、一般企業の働き方は以下でばないでしょうか?

所属会社(オフィス)に通勤し自席で仕事を行う。
一方、システムエンジニアは所属会社は存在しますが仕事であるシステムが存在する事業会社に出向いて仕事をすることになります。
これがいわゆる「現場」というものです。
つまり、システムエンジニアになって業務システムの開発担当になれば自社での仕事はほとんどないと思ったほうが良いでしょう。
大手IT企業で自社開発を行っている会社に就職する場合は自社での仕事になりますが、大半は現場、つまりお客様の会社に常駐して働くのがスタイルだったりします。

この「現場」について、もう少し分かりやすく言えば工事現場を想像してみてください。

・工事は、それを請け負う会社での仕事ではなく工事を行う場所(現場)で作業する。

システムエンジニアも働き方はこの形式にとても近く、業務システムを所有している会社で仕事をすることになります。
その理由として、セキュリティの問題からシステムが存在する場所(現場)で行うからなのです。

システムエンジニアの働き方で会社に自分の席がないってどういう意味?

上記の現場に関連しています。
働く場所が自分の会社ではなく、お客様のところになりますので自分の会社には席がないところ多いようです。
一般企業では考えられないかと思います。
また、一般企業から転職してくるとこのギャップに驚く方も多いようですね。

システムエンジニアの働からき方は「派遣」もしくは「請負」がほとんど

こちらも上記に関連して、お客様のところで仕事しますので「派遣」もしくは「請負」という形態になります。
なかには「派遣」と聞くと、リーマンショックの頃の「派遣切り」を思い出す方もいるかと思いますが、IT業界は通常の派遣社員とは違うことを認識しておきましょう。

どうしても、業種がらそうせざる負えないのです。
システムエンジニアは、お客様の企業のシステム開発を行います。
その場合は、一括で請け負った会社がエリアを設けて席が用意されます。

ですので、お客様の現場で自分の席が出来ることになります。

如何でしょうか?ITエンジニアの働き方はやっぱり一般企業とは違いますね。

システムエンジニアに転職するにはどんなスキルが必要?

システムエンジニアとして活動するには一定のスキルが求められます。
システムエンジニアにも職位がありますので、その職位に応じたスキルが求められます。
今一度、職位をもとに必要なスキルをご紹介させて頂きます。
下記では、IT分野の職位を記載しましたがITエンジニアと言うと大体はシステムエンジニア、プログラマがほとんどです。

・ITコンサルタント
・プロジェクトマネージャー(PM)
・システムエンジニア(SE)
・プログラマ(PG)

ITコンサルタントのスキル

ビジネスにITをどのように活用するかを企画・提案をします。
また、その企画の実現性も分析が必要になります。
そのため、ITに関する知識とビジネスに対する知識も要求されます。

また、コンサルタントという職位から能力(スペック)も要求されビジネスマンとして完成された人物像が望まれます。
ITの知識のみならず、ビジネススキル、論理的思考などが必要です。
意識が高くないと務まらないのもITコンサルタントの特徴と言えます。

プロジェクトマネージャーのスキル

プロジェクトは完成に向かって日々、進んでいくものです。
システムの完成に向けて、配下ではシステムエンジニア、プログラマがシステムを開発します。
そのシステムエンジニア、プログラマを管理しプロジェクトを成功へと導くための管理、運営の役割を担います。

求められれるスキルは、

・IT知識
・プロジェクトマネジメント方法
・コミュニケーションスキル
などです。

システムエンジニアのスキル

システムエンジニアはシステムの要件(どんなシステムにするのか)、設計を担当します。
そのため、以下のスキルが要求されます。

・IT知識
・設計手法
・ドキュメンテーション
・コミュニケーションスキル

設計と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、どのようなシステムが効率が良いのかを考える必要がありますのでITの知識も必要になります。

プログラマのスキル

現在は、プログラマ専門というのもあまり聞かないですね。
プログラマは、プログラミングを専門に行う人で設計の知識がなくてもIT知識、プログラミング言語などがわかっていれば良いかと思います。

ここで、難しそうな言葉が出てきました。

・プログラミング言語

簡単に言えば、システムとはコンピュータのソフトウェアを開発することであり、コンピュータはプログラムで動いています。
そのプログラムはコンピュータ専用の機械語だと思ってもらえればよいかと思います。

プログラミング言語は、文字だの数字だのの羅列で取っ付きにくそうですね。
しかし、このスキルを身に着ければどんなソフトウェアも開発できるようになります。

これこそが手に職というのもなのかもしれません。

システムエンジニアは人手不足?実は転職チャンス?

IT業界の人手不足は昔から言われていました。
私も20年前にITエンジニアで活動を始めましたが当時は「ITバブル」と言われ、売り手市場でもありました。
その後、ITバブルがはじけたと言われながらも仕事が途切れることなくここまで来ましたが、リーマンショック(2008年)には正直苦戦をしました。

リーマンショックとはアメリカの大手金融機関、リーマンブラザースがサブプライム問題で破たんしたことです。
一国の金融機関の破たんの原因となったサブプライムローン問題は、世界を巻き込んだ金融恐慌でこの時期ばかりはITエンジニアの方々は苦戦を強いられたのではないでしょうか?

そもそも、システムエンジニアはシステム開発がメインです。
システム開発とは、企業でいうところの設備投資に相当するものです。
景気が悪くなると、企業も投資を控えるのが通例だったりします。ましては、先が見えない恐慌が発生すればシステム投資も中止せざるおえない場面も出てきます。

しかしながら、現在は景気もそこそこ安定しITエンジニアも平和に仕事をしている世の中になったと言えます。
IT業界の人手不足は常に言われていますので、そういう意味では転職はチャンスと見る向きもありそうですね。

システムエンジニアは未経験でも転職できるのか?未経験者が目指す場合の心構えについて

異業種の方は、IT業界に興味のある方は多いかと思います。
あなたもその一人ですね。

未経験者でもシステムエンジニアに転職できるのかをここでは考えていきましょう。
結論から申し上げて、未経験でもシステムエンジニアに転職できるチャンスは多く存在します。
しかし、やはり年齢や現職が何かによりますのでその点はご留意ください。

と言いますのもIT業界は人手不足とも言われているからです。
しかし、年々システムエンジニアに求められるスキルなどは厳しくなっているのもヒシヒシ感じます。
そのため、未経験者がシステムエンジニアになる場合は相応の心構えは覚悟しておきましょう。

ビジネスはメンタルとマインドが重要だったりします。
未経験者がシステムエンジニアに転職するべきアドバイスも当ブログでご紹介させて頂きます。

システムエンジニアで気になる雇用形態について

システムエンジニアには実は雇用形態が選べるのが特徴です。
大手のSIer企業、開発専門のソフトハウスに正社員で雇用されてITエンジニアとして働く方法。
または、フリーランスのように個人事業主として働く方法。

あなたは、どの道を選択しますか?
それぞれメリット、デメリットがあったりします。
正社員の場合は、「サラリーマン」ですし、フリーランスは独立した働き方です。
サラリーマンは雇用されていますので安定した収入は確保できます。
一方で、フリーランスは仕事が途切れる可能性も否定できません。
しかし、働いている間はうまくすれば「高収入」が狙えます。

とはいえ、雇用形態が違っても同じ現場で働くことには変わりありません。
ここでは、ITエンジニアの雇用別の働き方のメリット、デメリットもご紹介させて頂きます。

システムエンジニアの求人の探し方、選び方ご紹介。失敗しない案件の選び方

システムエンジニアの雇用形態を理解したら次は求人の探し方、選び方をご紹介します。
システムエンジニアは「プロジェクト」をメインに活動します。

そのため、その状況によって開始もしくは実行中のプロジェクトに参画することになります。
その際に、募集に出されるのが求人であり案件であったりします。

では、ここで求人と案件の違いを軽く説明させて頂きます。

・求人・・・新しいプロジェクト、業務が開始されることによる求人情報。
雇用形態が正社員で考えている場合には求人のキーワードで探すと良いかと思います。

・案件・・・プロジェクトの名称で終了までの期間参画可能な要員を募集する呼び名です。

システムエンジニア未経験者の場合は、これから人材を育てようという意気込みのある会社を選ぶことが重要で「求人」を見ていくことが良いかもしれません。
もしくは、ITエンジニア未経験でも独自にプログラミングが出来たりする場合は「案件」を拾ってフリーランスや契約社員を狙っていくことも可能だと思います。

しかし、やはり王道は正社員ではないかと思います。
※ちなみに私はフリーランスで腕を叩きあげてきました。

ここで、重要なのが求人、案件の失敗しない選び方です。
失敗したと思う理由は主に以下ではないでしょうか?

・こんなはずじゃなかった・・・
・こんなキツイ仕事とは思わなかった・・・
・つまらない・・・

失敗しない求人、案件選びの方法として自分の想像と現実のギャップを必ず最初の段階で埋める事です。
それには、システムエンジニアとして避けて通れない「面接(面談)」でいかに情報を引き出すか。
もしくは、自分をアピールできるか。求められる内容をしっかりと聞き出し雇用主とのギャップを埋めることが重要だったりします。

何故、こんな事を書くのかというと就業してみたら全然違う仕事が待っていたなんて業界のあるあるが存在するからです。
採用担当者も悪意はないのでしょうが、このような事にならないように注意したいものです。

公開日:
最終更新日:2017/10/22