システムエンジニアに転職するのに資格は必要か?

異業種からIT業界、システムエンジニア転職をしたいと思っている人は多そうです。
あなたもその一人のようですね。

どのようにすれば、システムエンジニアに転職できるのか?
不安な気持ちは充分に分かります。
次に転職するには、何か「資格」が必要ではないのか?
こうも考えるはずです。

そんな疑問にお答えしようかと思います。

システムエンジニアに転職する際に資格は必要か?

資格が必要かどうかは、実はこれから自分が入社したい会社に依存すると思ってもらえたらと思います。
業界的には、資格は必須ではないです。

ただし、年齢、前職の内容によっては資格があった方が転職しやすいのは言うまでもありません。
前職でPCを使う仕事をしていた場合は、資格がなくても比較的、システムエンジニアに転職しやすいと考えます。

当然、システムエンジニアとして企業に入社した際には即戦力にはならないことは企業も承知しているはず。
年齢も例えば20代とかであれば、起業でも教育はしてくれるかと思います。

前職で、30代でPCを使った仕事でなかった場合は、システムエンジニアへの転職の門は若干狭いと感じます。
それでも、もし諦めたくないのであれば気合を入れて「資格」を取得することが望ましいです。

しかし、矛盾しているかもしれないですが未経験で、いきなり資格を取れと言われても難しいのが現実です。
だって、未経験で資格の勉強も何も経験がないので習得には時間がかかるからです。

システムエンジニアの資格ってそもそも何?

システムエンジニアとして証明するには、情報処理の資格が王道です。
国家資格あたりが有名ですが、システムエンジニアとして実務を積んだ人でさえ難易度が高いとされています。

どんな資格があるかご紹介だけさせて頂きます。

・システム監査技術者
・システムアナリスト
・プロジェクトマネージャ
・テクニカルエンジニア(ネットワーク)
・テクニカルエンジニア(データベース)
・テクニカルエンジニア(システム管理)
・テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)
・アプリケーションエンジニア
・情報セキュリティアドミニストレータ
・上級システムアドミニストレータ
・初級システムアドミニストレータ
・基本情報技術者
・ソフトウェア開発技術者

結構な種類の資格がありますが、システムエンジニアとして王道なのは「基本情報技術者」でしょうか。
ちなみに管理人は、IT業界に20年居座っていますが上記の資格は一切ないです。

経験さえ積めば、資格がなくてもIT業界で戦っていけると身を持って体験しています。

システムエンジニアに未経験だけど、どうしても転職したいのであれば!

システムエンジニアとしてやっていきたい!
そんな気持ちは痛いほど分かります。

管理人も異業種からシステムエンジニアに転職しました。
当時はITバブル真っ只中で人材不足なところを親切な会社に拾われ経験を積ませてもらいました。

今のあなたのように転職の際に、資格を取得しようと意気込みましたがやはり経験に勝るものはありません。
そのため、おすすめなのが「条件を落としてでもまずは業界に飛び込む」こと。

ずばり言うと、給料は安くても経験を積ませてくれそうな起業を探すことが何よりも大事だと思います。
実際のところ資格よりも、システムエンジニアとして経験を積み上げ「職務経歴」を充実させることが重要だったりします。

あなたが、「資格を取りました。」と企業にアピールするよりも「こんな経験をして今は●●が出来ます。」
と言えた方が、システムエンジニアとして成功する確率の方が数段高いです。

言い忘れましたが、あなたが高学歴であれば、条件を下げなくてもシステムエンジニアに転職できる可能性も充分高いです。
なんだかんだ言っても、IT業界も学歴を重視しますからね。

ちなみに、管理人は大学は出ていません。
でも、年収は1,000万円行くか行かないかですが、何か?

   

 - 未経験でシステムエンジニアに転職する方法 , ,