システムエンジニア(SE)の年収は安い?転職選びに失敗しない方法紹介

システムエンジニア(SE)に転職する理由は何でしょうか?

かっこいいから?
やりがいのある仕事がしたいから?
年収アップをしたいから?

大方こんなところではないでしょうか。
システムエンジニアの仕事の幅は広く、どのポジションを狙っていくかで年収はかなり違ってきます。
システムエンジニアは一般職よりも専門職だから年収が高い?でも実は、会社の選び方に失敗するとシステムエンジニアに転職しても年収低い可能性もあります。

そのへんの真実を暴露したいと思います。

システムエンジニアに転職する際に失敗しない方法

システムエンジニアを抱える会社は首都圏には多く存在します。
求人を見ると、年齢別に年収モデルが記載されていますので参考になります。

前職と年収を比較するかと思いますが、実際に面談にいったら想定の年収よりも低くなったなんて話は良く聞きます。
というのも、年収モデルはあくまでモデル。その会社でのトップクラスでの年収を記載しているのです。

いきなり転職したてで、社内トップクラスの年収を獲得は難しいと考えるべきです。
では、システムエンジニアに転職して年収アップを図るにはどうすれば良いか?

モデル年収を見る場合は、将来あなたがトップクラスになれた場合の将来の年収とまずは判断しましょう。
そのうえで、もっと見てほしいポイントは「会社の規模」や「事業内容」、「残業代有無」を見ることをおすすめします。

といいますのも、中小のIT企業は優越をつけがたく、どこも似たり寄ったりでやっていることが一緒です。
一言で言いますと、大手ISer企業の下請け、もしくは孫請けの場合がほとんどだったりします。

さて、ここで重要なキーワードが出てきました。
そもそも、世の中の年収の高い人たちは、どんな企業にお勤めでしょうか?

いわずもですが「大企業」の社員だったりするのは容易に想像がつくはずです。

システムエンジニアが転職する際にみたい会社の規模とは

大企業の社員が年収が高いのは、会社としてのブランドや信用力で元請けの仕事を受注できるところにあります。
下請け、孫請けの企業は大企業ほどの知名度はないのでなかなか元請けの受注は受けられない傾向にあります。
下請け、、、これは元請けから本来の受注金額からマージンを差し引かれて支払いがされます。
あなたが、下請けの企業に所属しているならば、そこから更に企業は利益を差し引き、あなたに給与を支払います。
当然、下請け会社の社員は特別なポジションでもつかない限り、大手企業の社員に比べて年収が低いはずです。

当然の流れですね。
これは、建築業界でもこの構造になっているはずです。

しかし、なかには規模が小さいながらにも会社としての事業内容にニーズがあり大企業顔負けの収益をあげているところもあります。
いわゆるベンチャーでも、将来的に可能性を感じる企業です。
こういう企業をうまく見分けられれば、今は年収が低くても将来楽しみなことになると思います。

では、システムエンジニアで転職する際に気をつけたい会社の見極め方。
それは、資本金と社員数を見ましょう。

具体的にいくらが危険とかの明言は避けさせて頂きますが、ある程度の会社の規模などを見ればおおよの働き方、年収が想像できたりします。
異業種から、システムエンジニアに転職する際はまずは規模の大きい企業からアタックすることをおすすめします。

システムエンジニアが転職する際にみたい会社の事業内容とは

そもそも、システムエンジニアの働き方は理解していますか?

中小企業のシステムエンジニアの働き方は、大手企業への「派遣」、もしくは「委託」がほとんどです
派遣って・・・

特に、明確な事業内容のない企業は、大手SIerに派遣がほとんどです。
つまり、自分の会社に所属しているにも関わらず働く場所は別の場所になるケースがほとんどです。
これは、業界の特色でやむを得ないところではあります。

将来、会社に所属していながら派遣社員にならないための方法。
それは、会社の事業内容を見極められるかどうかにかかっています。

当然、企業のHPには「派遣」という文字は記載されていません。
例えば、こんなキーワードが企業のHPに記載されているならば派遣の可能性は低くなりますので気を付けて見てほしいです。

・自社パッケージの開発、コンサルティング、導入

この「自社パッケージ」というキーワードは重要です。
と言いますのも、自分の会社で商品開発をしているかどうかでビジネスモデルが圧倒的に他の企業と異なるからです。

さて、話がそれましたが今回のテーマは「年収が低いシステムエンジニアにならない転職の方法」でした。
そのポイントとしては、まずは会社の選び方について説明してきました。

世の中、様々な企業があります。
各企業は、儲けの仕組みをつくるのに日々、試行錯誤していますが安易に社員を派遣することだけが目的の企業は選ばない方がベターです。

一方で、まずはシステムエンジニアに転職し経験を積みたい!
このように思っているならば、まずはあなたが転職できる企業に就職し経験を積みましょう。

【参考情報】
>>>システムエンジニアで年収1000万円は可能か?

>>>システムエンジニアでフリーランスになるメリット、デメリット紹介

   

 - システムエンジニアの年収UP術 , ,